うつ診断
体・心理セラピー&カウンセリング         「メンタルサポート オレンジ物語」

TOP> 08.【コラム】うつ病・やる気> うつ診断

うつ診断

うつ病かどうかを診断する基準として、もっともシンプルなものとして、
「国際疾病分類(ICD-10)」の「うつ病診断基準」があります。

<主症状>
①気分が落ち込む
②何をやってもつまらない。
③疲れやすい。

この3つの症状のうち、2つ以上が2週間以上続き、

<その他の一般的症状>
①集中力・注意力がなくなる。
②自身がなくなる。
③自分を責める。
④将来に対して悲観的になる。
⑤自殺を考える。
⑥睡眠障害(不眠、中途覚醒など)。
⑦食欲不振(あるいは過食)。

この七つの症状のうち二つ以上が2週間以上つづく。

その時は「うつ」病をうたがってもいいかもしれません。


集中力減退や睡眠障害などの「一般的症状」が1つか2つあっても、抑うつ感などの「主症状」がまったくなかったとします。
そのときは、病的とはいえないうつ状態だと考えてよく、この段階ではそれほど深刻に考える必要はありません。

しかし、うつ診断表のように簡単に割り切れないこともあり、
たとえ「主症状」がなくても「一般症状が4つも5つもあって、それが何週間も続くといううつ診断結果だと、軽症うつをうたがってもいいかもしれません。


それでは、どんなきっかけでうつ病になりやすいのかを見ていきましょう。

うつ・うつ病について うつ病になるきっかけは?


疲れが取れない期間が長引いている方
うつうつとしている期間が長引いている方
は、
キネシオロジーカウンセリングコースがおすすめです。

キネシオロジー・心理セラピー・カウンセリングのご案内 キネシオロジーカウンセリングコース


心理セラピー・カウンセリングのお申し込みフォーム

↑ このページのTOPへ

戻る

メルマガ登録・解除 ID: 0000268116
ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

無料レポート なりたい自分になるために一番大切なこと!! 【幸せ力】
名前
メールアドレス

ご訪問ありがとうございます。:  現在の閲覧者数:

もくじ

01.オレンジの心理セラピー(7件)

02.キネシオロジー(4件)

03.プロフィール(4件)

04.ご予約のご案内(5件)

05.心理セラピーの感想(12件)

06.心理セラピーの種類(5件)

07.【コラム】感情のコントロール(19件)

08.【コラム】うつ病・やる気(21件)

09.【コラム】対人・人間関係(11件)

10.セルフセラピーカード(5件)

11.【コラム】恋愛・パートナー(5件)

12.【コラム】家族・母娘関係(1件)

13.【コラム】子育て・ママ友(5件)

14.レイキについて(4件)

16.【コラム】先生・看護師(2件)

17.【コラム】心理セラピー・変化(41件)

18.【コラム】キネシオロジー(8件)

おすすめリンク集(3件)

オススメの本(14件)

メールマガジン(3件)

無料レポート(2件)

癒しの心理学辞典(26件)

講座・イベントのお知らせ(8件)