【感情】のコントロールと北京五輪の北島選手
体・心理セラピー&カウンセリング         「メンタルサポート オレンジ物語」

TOP> 07.【コラム】感情のコントロール> 【感情】のコントロールと北京五輪の北島選手

【感情】のコントロールと北京五輪の北島選手

北島康介選手、
やりましたね!!

100m、200m
平泳ぎで、見事金メダルを手にしました!

アテネに続いて、二冠達成です。


アテネで金メダルをとったことで
ものすごいプレッシャーの中での
北京五輪だったと思います。

そして、この4年間、順風満帆だったわけではなく、
スランプ、けが、その他もろもろの
困難に打ち勝っての 金メダルです。

その精神力はすさまじいものがあります。

本当におめでとうございます。

すごい!!


このようなプレッシャーのなか、
なぜ北島選手は、見事、2冠を達成することができたのでしょうか。

◆◇◆ 北島選手は【悔しかった】 ◆◇◆

8年前、2000年、シドニー五輪、
イアンソープがその名をとどろかせたのを覚えている方も
多いでしょう。

そこでの北島選手の成績は
100メートルは4位、200メートルでは予選落ちでした。


同年、オリンピックより前に
日本選手権で、北島選手は、日本新記録を出して、優勝したのです。

にもかかわらずの敗北でした。


当時のことを振り返って、彼は、

「あの時は、本当に悔しかった」とインタビューに応えています。

負けず嫌いの彼にとって、
よほど、悔しかったのでしょう。
それが、今の彼の原動力になったのです。


この「悔しい」という感情を、
北島選手は、見事【昇華】させることができたのです。

また、【悔しい】という【感情】を
うまく扱うことができたのです。

もし、うまく扱うことができなければ、
【悔しい】の思いが変形し、
プレッシャーに押しつぶされていたでしょう。


*【昇華】とは、
【理想化】あるいは、
社会的に高く評価される方向に向かうことです。

◆◇◆ 【嫌な感情】は悪者ではない ◆◇◆

この「悔しい」という感情

いい感じか、 悪い感じか、
といえば、

悪い感じだと思います。

少なくともいい感じではありませんね。

言ってしまえば、
「嫌な感情」です。


好き好んで、悔しい思いをしようとは思わないし、

できれば、悔しい思いはしたくありません。

しかし、

   【嫌な感情】は、それ自体は、悪ものではありません。


実際、
北島選手のように、夢に向かう言動力になっています。

問題なのは、
【悔しい】と感じることでもなく、
【屈辱感】を味わうことでもなく、

   【嫌な感情】をうまく扱えないことなのです。

◆◇◆ 【嫌な感情】扱う練習ができない ◆◇◆

ところが、最近の傾向として、
この「嫌な感情」をできるだけ、
感じない方がいい という動きがあります。


「嫌な感情を感じる環境」の排除です。


教育の現場でも、

運動会で、手をつないで、一斉にゴールする。
とか、
学芸会の主人公をじゃんけんで決める。

などという、【平等主義】という名のもとに、

子どもに「嫌な感情」を味あわせないようにする、

といった場面によく遭遇します。


今でこそ、
手つなぎの一斉ゴールは、聞かれませんが、

似たようなことは、たくさんあります。


◆◇◆  

このような【嫌な感情】を感じる環境を
ことごとく排除していったら、

どうなるでしょうか?


子どもたちは、

「情けないなぁ」
「辛いなぁ」
「怒られて悲しいなぁ」
「悔しいなぁ」
「負けたくなかったなぁ」
「泣きたいなぁ」

という感情を 扱えなくなってしまいます。


恋をして、
社会にでて、
一人暮らしをして、
結婚して、

人生を歩んでいくときには、

これらの【嫌な感情】とは否が応でも
付き合っていきますよね。


これらの【嫌な感情】と接する機会を奪うということは、

【嫌な感情】の処理をするという 練習の場を奪うことです。

◆◇◆  いきなりキレる原因もそこにある ◆◇◆


【嫌な感情】の扱い方を知らないと、

そんな【嫌な感情】は最初からなかったことにするかもしれません。


    【抑圧】 です。


しかし、
最初からなかったことには、なるわけがありませんね。

だって、そういう【感情】をもったのですから。


そうやって、【抑圧】していくうちに、

いつか、大爆発を起こしてしまうのです。

   ・いきなりキレる

   ・不登校(出社拒否)

   ・自傷行為

   ・無差別な殺人欲求

   ・自殺


ひどくなると、このような症状として、現れてきます。

しかし、【抑圧】しすぎて、
そもそも自分がどのようなことを【感じて】いたのか
見えなくなっていることが多いのです。

だから、

     わけもなく(=わけがわからなく)

このような行動を取ってしまうのです。


◆◇◆ 自分を見つめてみましょう ◆◇◆

【嫌な感情】はそれだけでは、悪者ではありません。

【嫌な感情】を扱えなくなっていること、
これが問題なのです。


「悔しい」と思ったけど、
「別に、どうってことないよ」
って思いこもうとしたことはありませんか?


「ひどい><」って思ったけど、
そんな感情を持つ立場じゃないと【考え】
理性的にふるまった。

しかし、
まだ、なにか嫌な感じがしていませんか?

無理に【抑圧】した【感情】は
くすぶって、違うエネルギーに変わっているのかもしれません。


このように、
感情】を操作しようとしている自分に
気がついてみてください。


心理セラピー・カウンセリングのお申し込みフォーム

↑ このページのTOPへ

戻る

メルマガ登録・解除 ID: 0000268116
ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

無料レポート なりたい自分になるために一番大切なこと!! 【幸せ力】
名前
メールアドレス

ご訪問ありがとうございます。:  現在の閲覧者数:

もくじ

01.オレンジの心理セラピー(7件)

02.キネシオロジー(5件)

03.プロフィール(4件)

04.ご予約のご案内(5件)

05.心理セラピーの感想(12件)

06.心理セラピーの種類(5件)

07.【コラム】感情のコントロール(19件)

08.【コラム】うつ病・やる気(21件)

09.【コラム】対人・人間関係(11件)

10.セルフセラピーカード(5件)

11.【コラム】恋愛・パートナー(5件)

12.【コラム】家族・母娘関係(1件)

13.【コラム】子育て・ママ友(7件)

14.レイキについて(4件)

16.【コラム】先生・看護師(2件)

17.【コラム】心理セラピー・変化(41件)

18.【コラム】キネシオロジー(8件)

おすすめリンク集(3件)

オススメの本(14件)

メールマガジン(3件)

無料レポート(2件)

癒しの心理学辞典(26件)

講座・イベントのお知らせ(9件)