ダイビングと心理療法の関係
体・心理セラピー&カウンセリング         「メンタルサポート オレンジ物語」

TOP> 17.【コラム】心理セラピー・変化> ダイビングと心理療法の関係

ダイビングと心理療法の関係

今日はダイビングと心理療法の関係についてお話します。

え?ダイビングと心理療法をむすびつけるなんて無理があるって?

そうですよね^^

私も、そりゃ無理があるだろとって思いました。

この文章を読むまでは。


一年前、ライセンスを取ったお店におかれていたダイビング雑誌をぱらぱらとめくっていました。
すると
「フォーカシング」
といった言葉が目に入ってきました。

え?ダイビング雑誌に「フォーカシング」

ですと?


ダイビングをするとき、いろんな機材が必要なんですが、
自分の体にあったものを手に入れるため、オーダーすることが多いのです。

水中で、自分が

一番心地よく居られるために。
力を抜いてらく~に居られるために。

また、ベストのようなもの(BCといいます)に空気をいれて、
浮力の調整をします。

それも
自分が一番心地よく、楽に居られるためにどれくらい空気をいれようかな・・・

浮いちゃう感じかなぁ
バランスとれるかなぁ
沈みすぎるかなぁ

と、カラダの調子を伺いながら空気を入れていきます。


ごーーーんと沈んでしまわないように
ばーーーっと浮いていってしまわないように

水中で力を抜いて、なんにもしなくても浮いていられるように。
お!ここがいい感じ!を探して。

カラダが常に心地よい状態であるように感覚をフル活用なんですよ。

最初の頃はそれを意識しているのですが
慣れてくると、自然にそれができてくるのです。


そこの部分は「フォーカシング」とまったく一緒です。

自分のカラダの感覚に十分に意識を向け続けます。そこから心地よい状態、楽な状態を探っていくんですよね。

そうすることで癒しが得られる心理療法です。

ダイビングが癒しのスポーツと言われるゆえんもそこにあるのでしょうね。


心理セラピー・カウンセリングのお申し込みフォーム

↑ このページのTOPへ

戻る

メルマガ登録・解除 ID: 0000268116
ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

無料レポート なりたい自分になるために一番大切なこと!! 【幸せ力】
名前
メールアドレス

ご訪問ありがとうございます。:  現在の閲覧者数:

もくじ

01.オレンジの心理セラピー(7件)

02.キネシオロジー(4件)

03.プロフィール(4件)

04.ご予約のご案内(5件)

05.心理セラピーの感想(12件)

06.心理セラピーの種類(5件)

07.【コラム】感情のコントロール(19件)

08.【コラム】うつ病・やる気(21件)

09.【コラム】対人・人間関係(11件)

10.セルフセラピーカード(5件)

11.【コラム】恋愛・パートナー(5件)

12.【コラム】家族・母娘関係(1件)

13.【コラム】子育て・ママ友(5件)

14.レイキについて(4件)

16.【コラム】先生・看護師(2件)

17.【コラム】心理セラピー・変化(41件)

18.【コラム】キネシオロジー(8件)

おすすめリンク集(3件)

オススメの本(14件)

メールマガジン(3件)

無料レポート(2件)

癒しの心理学辞典(26件)

講座・イベントのお知らせ(8件)