メルマガ 見本
体・心理セラピー&カウンセリング         「メンタルサポート オレンジ物語」

TOP> > メルマガ 見本

メルマガ 見本

【ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-】
メルマガ 見本

創刊準備号
第1号 :なぜ感情をコントロールしにくくなっているのか
第6号 :「人に迷惑をかけてはいけない」という価値観は間違ってる?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


          ココロと上手におつきあい! 
        ~悩み解決、願望実現のホントの近道~
                         創刊準備号
                     発行人:金城 利佳

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆◆
◆  ごあいさつ 


こんにちは。はじめまして

心理カウンセラーの 金城 利佳(きんじょう りか)です。


■□――――――――――――――――――――――――――――□■

| このメルマガは
|  ○わけもなく気分が憂鬱
|  ○将来に漠然とした不安を抱えている
|  ○解決できないココロの悩みがある
|  ○変わりたいのに変われない

| だけど、
| 問題を解決したい!現状を打破したい!魅力的になりたい!
| いう方に心をこめて、
| 分かりやすく、すぐに使える情報をお届けします。

|  しかし、
| ×何もしないで問題が解決する魔法は ないかなぁ 

| という考えの方にはお役に立てませんので、ご了承ください。

■□――――――――――――――――――――――――――――□■

このページを開いていただいてありがとうございます。


というのは、これはまだあなた様のメールボックスには
届いていないから。


今書いている記事は、創刊準備号で、

これからまぐまぐの発行審査を受けて、承認された後、
創刊号が皆様の元に届くからです。(もう承認される気でいるのですが^^;)


なので、これを見ている方は、

まぐまぐのサイトから、直接見つけてくださった方か、
私のサイトからきていただいた方か、
このメルマガを紹介してくださった方のサイトからいらした方

ではないかなって思っています。ほかにもいらっしゃるかな?

いずれにせよ、
こうやって、このメルマガを見つけていただいて
このページでコンタクトが取れたことを大変うれしく思います。

あなたが、この
「ココロと上手におつきあい!~悩み解決、願望実現のホントの近道~」
を開いてくださったからこそ、

私の「想い」を一歩世に踏み出させることができるのですから。

ありがとうね。

そして、次回は、あなた様のメールボックスでお会いできるよう、
このメルマガを読んでもいいかなぁ と思ってもらえるよう、

私のこのメルマガを書くにあたっての思いを書こうと思います。

◆◆
◆   悩みの原因


私は心理カウンセラーとして、悩みを抱えている方々と日々接していますが、
 
ここに訪れる方の悩みは、種類も程度も千差万別です。

 ・気分が晴れない、やる気がおこらない
 ・不倫関係を断ち切れない
 ・将来に漠然とした不安がある
 ・何がしたいのかわからない
 ・自分が好きになれない
 ・変わりたいのに変われない
 ・毎日が憂鬱
 ・人間関係でつまずく
 ・同じ失敗を繰り返す

といったように。

これらは、実際に私のところに寄せられる相談件数で
上位にあげられる内容です。


気分のことから、人間関係や自己実現にいたるまで、
悩みの内容は多岐にわたっています。


しかし、たった一つだけ、共通している事があります。


それは、

「ココロとコミュニケーションが取れていないこと」

です。


クライアントさんに共通してみれられるのは、

・「ココロ」と「アタマ」がコミュニケーションをやめてしまった。

・「ココロ」が何を求めているのかわからなくなった。

・「ココロ」が求めていることと反対のことをしている。

・「ココロ」の存在(特にネガティブな思い)を無視している。

そんな

「ココロとのコミュニケーション不全」に陥ってしまっているのです。

私たち心理カウンセラーやセラピストと呼ばれるものたちは、

クライアントさんと、そのココロがうまくコミュニケーションをとれるための
手助けをしているのです。

◆◆
◆    自己啓発の落とし穴


理想の自分を目指して! 

なりたい自分になるために、自己啓発系の本をたくさん読んだ!

でも・・・・・何も変わらない 

よけい自己嫌悪のおちいった

という方どれだけいらっしゃるでしょうか。


本屋さんに行くと、似たような自己啓発本が次から次へと出版されていますね。

ということは、売れているということです。

需要がある ということです。

中身は似たり寄ったりなのに。

それでも需要があるからこそ、出版社は発行に踏み切ります。

なぜ人は同じことを繰り返すのか
 
なぜ人は変われないのか


それは、ココロの声を無視しているからです。

ココロの声を無視したまま


強く何かを思いこんだり、
行動だけを変えたりしても、


人は変わることはできません。


ココロはあなたにとって本当に大切なことを教えてくれます。

ココロは、一般的なことではなく、あなたが変わるのに、
あなたにふさわしい、一番効果的な方法を教えてくれます。


理想の自分になるために、なりたい自分になるためにも、

ココロと上手に付き合うことがとても大切なのです。

◆◆
◆  そんな私も


今でこそ心理カウンセラーとして、働かせてもらっていますが、

以前の私は、「ココロとのコミュニケーション不全:しかも末期」でした。

仕事ではやる気が起こらず、
疲れきって、
わけもわからなく 悲しくなり、
帰宅中に 泣きながら歩き、

ついに
 
休職 することになりました。


それでもまだ自分が問題を抱えていること認めず、
苦しんでいました。


そこで出会ったのが心理療法だったのです。

今までの私の症状は、心とのコミュニケーションを一回とっただけで、

すっと ウソのように消えてなくなったのです。

青天の霹靂とはこのことを言うのか、という体験でした。

その後、無事復帰して、仕事も順調に行うことができるまでになったのです。


もちろん、それからも私は、ココロとコミュニケーションをとり続けています。

コミュニケーションを取っていると、

直観が働きやすくなります。
自分が何をしたいのか、何をしていきたいのか、はっきりとわかります。
また、
調子が悪い時、なにか 心のサインを見落としているな 
と気づくことができます。

なにより、今、とても幸せで楽しく過ごせているのです。

◆◆
◆  心理カウンセラーのプロフィール

ちょっと休憩ね。

●名前:金城 利佳

 *最近までカウンセラーネーム 丸井葉子 でした。本名に戻しました。
  あらためまして よろしくお願いします。

●血液型:最近(3年ほど前)A型ということが判明しました。

 *それまでは、O型だと思っていたので、性格はO型です。

●出身地:沖縄県

●趣味:ダイビング (月一ぐらいで伊豆の海で潜ります。)
   :読書 ( 勉強好きです。-興味のあるものだけね。)

●現職:川崎市で心理カウンセリング&セラピーをしております。

●ちょっとした経歴:

 大学進学と同時に上京  
  
 千葉大学の教育学部に所属 心理学・教育学を学ぶ
 
 教員免許取得後、東京都の教員採用試験に合格

 東京都で 小学校の先生

 教員生活を順調に送る。、
 ある年、児童や保護者とのおりあいが悪くなる
 仕事全般において、支障がではじめる
 体調を崩す

 休職

 心理療法を受けて、 復活

 職場復帰(と同時にカウンセリングについて学ぶ)

 退職   

 心理カウンセラーとして開業

 今に至る

◆◆
◆     最初の一歩


さてと、本題にもどります^^

ココロと上手に付き合うための最初の一歩。


まずはココロにもっと 関心を向けてみませんか?

ココロの声が聞こえなくても、関心を向けてあげるだけでもオッケーです。

それだけで悩みが解決してしまう人いるぐらいです。(あ、私か)

もちろん、これからそのココロとのコミュニケーションをとるには
どのようにすればよいのかを、このメルマガでお伝えしていきたいと思います。


今日は、【ココロとコミュニケーションをとることは大事なんだな】
ってことを知ってもらえれば嬉しいです。


たくさんの人が 自分のココロをうまく付き合うことができれば、

たくさんの他の人とも うまく付き合うことができるようになります。

こうやって、たくさんの人が幸せになって、

理想の自分を手に入れて、穏やかに過ごす、

そんな人が増えてほしいという思いでお届けしていきます。


◆◆ 次号が発行される前に 幸せのつかみ方、基礎の基礎をお伝えします。


心理カウンセラー金城 がお届けする無料レポート!

「なりたい自分になるために一番大切なこと!!【幸せ力】」

http://www.muryouform.com/rep.php?id=7088&seq=0


あなたは、幸せになりたいと思いながらも
間違った方法に力を注いでいませんか?

自分を変えようと思って、
たくさんの本を読んだりセミナーに通ったりしたけれども、
あまり変化が見られないってことはありませんか?


幸せになるために、
なりたい自分になるために、
自己実現するために、
悩みをかいけつするために、

必ず最初にやっておかなければならないことがあります。


何か、変わりたい、変えたいと思ったあなたの
最初の一歩をサポートするレポートです。


http://www.muryouform.com/rep.php?id=7088&seq=0

以前のカウンセラー名 「丸井葉子」で発行しております^^;


◆◆ 編集後記 ◆◆ 

やっと、やっとメルマガを発行することができました!

もう審査を通過した気でいます。
でもそれぐらいの意気込みが大切です。

半年以上も前から 出したいなとは漠然と考えていたのですが、

メルマガで何を伝えたいのかが よくわからなくて・・・・


そんなときは原点に戻る。

ココロとコミュニケーションをとることが大事だ!
その橋渡しをするぞ!
それが心理療法家の役割だ!


と思い、この世界に足を踏み入れたことを思い出しました。

シンプルなことなのに、思いだせなかったなぁ。

ごちゃごちゃ考えて。

これも 今がメルマガを創刊するのに一番ふさわしい時期だったと
いうことなのでしょうね。


それではまた次回、今度はあなたのメールボックスで!(笑)


------------------------------------------------------------

■ ココロと上手におつきあい! 
  ~悩み解決、願望実現のホントの近道~

■ 発行者:きんじょう りか (心理カウンセラー)

■ 公式サイト:http://www.orange810.com

■ ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/orengemonogatari/

■ メールにて、ココロの悩み相談受付中です。
  このまま返信してください。

--------------------------------------------------------------

■■2007.07.04■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
          ココロと上手におつきあい! 
        ~悩み解決、願望実現のホントの近道~

    【なぜ感情をコントロールしにくくなっているのか】
                           
                       発行人:金城 利佳
■■■■■■■■■■■■■■■創刊号■■■■■■■■■■■■■■■

こんにちは
メルマガのご登録、ありがとうございます。

心理カウンセラーのきんじょうです。
いつも読んでいただいている読者のみなさま♪ありがとうございます。


今日の「ココロ」のご機嫌いかがですか?


■□ 編集前記 □■―――――――――――――――――――――――

やってまいりました。あなたのメールボックスへ!
ホントに登録してくださったんですね! (笑)

ありがとうございます。


昨日、まぐまぐさんの登録申請が無事通過したのですが、
まだ申請が通らないうちにフライング申請されたかたもいて、

すんごく嬉しく思っています。

本当にありがとう。

このウィンドウの向こうに、
あなたの存在を感じながら、
今日も丁寧にお伝えしていきます。


◆◆◆【ココロ】の定義◆◆◆

さて、このメルマガでは、
「ココロと上手に付き合おう!」という題で、
ココロについてお伝えしていくのですが、

まずはじめに、「ココロ」とは?を簡単にお伝えしますね。


「ココロ」とは、

心 と 頭 でいう       【心】 で、

理性 と 感情 でいう     【感】 で、

気持ち と 考え でいう    【気持ち】 で、

無意識 と 意識 でいう    【無意識】 で、

潜在意識 と 顕在意識 でいう 【潜在意識】のことをいいます。

【心】や【気持ち】という、比較的 わかりやすいことから
【潜在意識】や【無意識】という 日頃あまり意識しないところまで、 

できるだけバランスよくお伝えできるよう、
これらを合わせて【ココロ】とさせていただきました。

もちろん、潜在意識のお話をするときは、
【潜在意識】の定義も分かりやすくお伝えしていきますので、
ご安心くださいね。


◆◆◆【感情】があとまわしになっている◆◆◆

私のHPにyahooやgoogleを利用して訪問される方の多くが

【感情のコントロール】や、【感情】、【やる気】
というキーワードで検索していることがわかりました。

このことから
多くの人が【感情を扱いにくくなってきている】ことが
うかがえます。

ではなぜ、
このように感情をコントロールしにくくなってきたのでしょうか。
扱いづらくなってきたのでしょうか。


その原因の一つに

【仕事至上主義、効率至上主義】

があげられるかと思います。

■仕事至上主義

これは、なにをおいても仕事が大事という意識ですね。

あの地下鉄サリン事件を覚えていますか。


比較的軽症だった被害者たちは、
発生時には原因不明の体調不良に見舞われながらも、

「なんとか会社に行かなくては」
「遅刻することを会社に電話しなくては」

と考えていたといいます。

(村上春樹著 『アンダーグラウンド』 より)

12人という死者をだしたほどの事件で、
騒然とした状況のなかで、

自分の体の調子や感覚よりも、
会社や仕事を優先して考えたわけです。


また、阪神淡路大震災の時のルポを読んだのですが、
あれだけの大災害にみまわれながら、
会社にどうにかしてたどりつこうとした人が多かったことがわかります。


■効率至上主義


このような仕事至上主義の中で、要求されるのが、

「私的な感情」を交えない、クールな対応です。

何があっても動揺せずに問題解決をすることこそが
有能の証とされています。


たとえば、上司に仕事の支持を出されたとき、

「めんどうだなぁ」と【うんざり感】にとらわれていたり、
「あんないいかたしなくてもいいのに」と【腹を立て】たりしていたら、

スムーズに仕事は進みません。


そんな【感情】は悪者扱いされ、
抑え込むべきもの とされてしまいます。


昨日のデートの余韻をあじわったり、
春の木漏れ日が気持いいなぁ 

なんていちいち感じていては、
仕事に差し支えます。


効率を求める世の中では何より大切にされるのは、

物事がテキパキ進むことで、
感情はそれを妨げるやっかいものとみなされるようになっています。


このような、
「感情よりも効率」
「テキパキと進めることが大事」

という、仕事の世界で当たり前になっているものが、

【家庭】の中にも持ち込まれ、当然のこととなっているのが、
日本社会の現状です。

◆◆◆【気持ち】に気づき、それをみとめるには◆◆◆


まず、「感情の悪者扱いをやめる」ことです。

この【不安】を消したい。
この怠け癖をどうにかしたい。

といったように

ネガティブな感情】を排除してくださいと
セラピールームに来る方が大勢います。

こんなときは、
ずっと悪者扱いされて、
抑圧されてきた【感情】が大暴れしている状態なのです。

【不安】も、【いらだち】も、【怒り】も、
【悲しみ】も、【やる気がない感じ】も、

大事な大事な【感情】です。

腹が立った時は、
「腹を立てる立場じゃない」 ではなく、
→ 「私、今 腹が立っているなぁ」と客観的に 認める。


悲しい時は、
「悲しんでばかりいたら、立ち直れない>< だから早く元気にならなきゃ」
ではなく、
→ 「私、今悲しんでいるんだなぁ」と 客観的に 認める。

こういった、小さなことですが、【認める】という
行動が大切です。


できる時にでけっこうです。
できないときはかまいません。

そして、できるときにはやってみてください。


効率を求めすぎず、
そういった感情とゆっくり付き合ってみましょう。


まずは、【感情に気付く】、【気持ちを受け止める】 といったことから
始めてみてはいかがでしょうか。


■□ 編集後記 □■―――――――――――――――――――――――

今週のメルマガ、いかがでしたか?
長い? あはは ごめんなさい。

しかも、ちょっと社会学的になってしまいましたね。


今置かれている状況を把握して、
その中でどうしていくかが大事なので、


今の現状にふと気付いていただければ嬉しいです。

これからはどんどん短くしてきますよ~ 笑
忙しい人にも読んでほしいから♪


メルマガを読んでの感想があれば、
送ってください!

とても励みになりますので。


このメールに返信していただければ、私の元に届きます。
楽しみにお待ちしております。

それではまた来週!


------------------------------------------------------------

■ ココロと上手におつきあい! 
  ~悩み解決、願望実現のホントの近道~

■ 発行者:きんじょう りか (心理カウンセラー)

■ 公式サイト:http://www.orange810.com

■ ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/orengemonogatari/

■ メールにて、ココロの悩み相談受付中です。
  このまま返信してください。

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000268116.html
--------------------------------------------------------------


☆――08.08.01――――――――――――――――――――――――☆
          ココロと上手におつきあい! 
      ~悩み解決、願望実現のホントの近道~  第6号
 
 「人に迷惑をかけてはいけない」という価値観は間違っている?
                     
                      発行人 :金城 利佳
☆――――――――――――――――――――――――――――――☆

こんにちは
心理カウンセラーのきんじょうです。


「人に迷惑をかけてはいけない」
という【信念】【価値観】

これは、正しい?
それとも 間違っている?

【信念】【価値観】という言い方は
ちょっと、硬いので、
ここでは、簡単に

【想い】と表現しますね。


この
「人に迷惑をかけてはいけない」という
【想い】は誰もが、持っているものでしょう。

小学校の先生をしていたとき、
子どもたちにそう言っていました。

そう、
私たちは、ほとんどこのような言葉を
親や先生から 言われて育っています。


そして、ほとんどの人が、
「人に迷惑をかけてはいけない」
と、大事な【想い】として
持っているのではないでしょうか。

◆◇◆ 人に迷惑をかけてはいけない? ◆◇◆

この【想い】、
持っていても、本人が平気であるなら、
全然問題はありません。

「人に迷惑をかけてはいけない」
という【想い】は、集団生活の中では
ある程度必要なものです。

この【想い】のおかげで、円滑な集団生活が
送れている といってもいいでしょう。

ただ、
それが、うまく機能していない場合、
何かしら、
自分の生活に、苦しい影響を与えている場合は、


その【想い】の捉え方を見直したり、

あるいは、

その【想い】自体を手放すことが
必要な時期に来ていると考えられます。


例えば、
「私は、人に迷惑をかけてばっかりだ。
そう思うと気が滅入って、仕事に行けない」

と感じていたり、

「迷惑かけてばっかりいる後輩(先輩・同僚・上司)
にいらついて、つい、辛くあたってしまう」

といった場合でしょうか。


◆◇◆ ◆◇◆

「迷惑をかける」とは
とても【抽象的】な言葉です。

ある状態を簡単に表現するときには、
とても便利なのですが、

何か問題を解決していくときには、
焦点がぼやけてしまいます。


問題を解決していきたい時は、
(ココロの問題に限らず、ビジネスにおいても)

【抽象的】の反対


【具体的】に表現していくことが大事です。


では、

「迷惑をかけている」という【抽象的】なイメージ

を【具体的】なイメージに降ろしていきましょう。


セラピーでもよくつかわれる手法です。

【抽象的】なイメージのままでは、

ピンポイントな手立てを打つことが難しいですからね。


実際に、
目に見えるような、
耳で聞こえるような、
体で感じるような、

形で、表現していくのです。


◆◇◆  ◆◇◆

例えば、この様に質問していきます。

 1、いつ、どこで、どんな時に、
  「迷惑をかけている」と思った?

 2、何をすると、迷惑になるの?(そう考えるの?)
 3、何をしないと、迷惑になるの?(そう考えるの?)
 
 4、迷惑をかけていない状態ってどういう状態?


すると、あるクライアントさんは、
下のような思いに気づいていきました。

  4、迷惑をかけていない状態ってどういう状態?
 
  ↓
  まるっきり迷惑をかけあわない状態・・・

  ん?・・・・
 
  まるっきり、迷惑をかけあわないためには、
  触れ合わない方がいい。

  しかし、私が求めているのは、そういうことか?

  誰もが、誰もを頼らずに一人で生きていく
  ことを求めているわけじゃないんだ。


  迷惑をかけてはいけない・・・
  ・・・というのは、絶対のルールではない。

 


悩んでいる時は、
この「人に迷惑をかけている><」
という【想い】にどっぷりとつかっていています。

そこで、
上のような質問をすることで、
自分と向き合っていくのです。

そして、
専門家も、上のような質問をします。

より、
    「その人が【今】向き合う必要のある内面」

にコンタクトできるような
上質な【質問力】がセラピストには求められます。


◆◇◆  ◆◇◆

このような質問に応えていくことで、
だんだんと
【塊】だった、【想い】がほぐれていきます。

「必ずしも、そうではない場合もありそうだ・・・」

ぐらいのレベルになると最高です。

また、【塊】がほぐれるだけでなく、

この「迷惑をかけてはいけない」という【想い】
を重要視しつづけることになった

 別の【想い】が浮上してくることがあります。
(玉ねぎの皮がはがれるようにね^^)

最初は、親や、先生から言われるままに
その【価値観】を受け入れました。
ところが、今までその【価値観】を持ち続けていたのは

  自分です。

この【価値観】を持ち続けていなければならない理由が
あったのです。

次回は、
上記のクライアントさんを例に

「迷惑をかけてはいけない」

という価値観を持ち続けなければならなかった理由

と、それを見つける「質問」 をお伝えします。
 

◆◇――お知らせ―――――――――――――――――――◇◆

☆上質な質問で、心理セラピーを受けたい方はこちら
  セラピーご予約受付中! → http://www.orange810.com/


☆体験レイキヒーリング、今なら半額(2000円)で受けられます。
  夏休みだからかな? ぞくぞくとお申込みいただいております!
  調子がすぐれない人も、
  ただ、興味がある人も、この機会にぜひお試しください!

   http://www.orange810.com/reiki/000170.html

☆レイキアチューメント講座(ファースト)開催!

  日時:8月6日(水)10:00~
  場所:オレンジ物語セラピールーム
  アクセス:東急東横線、目黒線 元住吉駅【徒歩1分】
      (日比谷線・三田線・南北線直通あり)
  *ただいま、1名様にお申し込みいただいています。残席2名!
   お申し込みはお早めに!
 
   http://www.orange810.com/000189.html

■□ 編集後記 □■――――――――――――――――――――

先週より、一人でもりがっておりました、

新作メルマガランキングですが!

一人でもりあがってたら、
皆さんも盛り上がってくださって!

な、な、なんと、

一位をとることができましたぁ~~~~><

みんなのおかげです! 
ほんと、ほんっと嬉しいです><

楽天ブログでも、この胸のうちをお伝えしています。

あと、証拠も^^;

http://plaza.rakuten.co.jp/orengemonogatari/diary/200808010000/

またまた、よろしければ、
見てみてくださいね^^

それではまた来週!!

------------------------------------------------------------

■ ココロと上手におつきあい! 
  ~悩み解決、願望実現のホントの近道~

■ 発行者:きんじょう りか (心理カウンセラー)

■ 公式サイト:http://www.orange810.com

■ ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/orengemonogatari/

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000268116.html

--------------------------------------------------------------

◎ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000268116/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

→→まぐまぐ登録ページ


心理セラピー・カウンセリングのお申し込みフォーム

↑ このページのTOPへ

戻る

メルマガ登録・解除 ID: 0000268116
ココロと上手におつきあい!-悩み解決のホントの近道-
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

無料レポート なりたい自分になるために一番大切なこと!! 【幸せ力】
名前
メールアドレス

ご訪問ありがとうございます。:  現在の閲覧者数:

もくじ

01.オレンジの心理セラピー(7件)

02.キネシオロジー(4件)

03.プロフィール(4件)

04.ご予約のご案内(5件)

05.心理セラピーの感想(12件)

06.心理セラピーの種類(5件)

07.【コラム】感情のコントロール(19件)

08.【コラム】うつ病・やる気(21件)

09.【コラム】対人・人間関係(11件)

10.セルフセラピーカード(5件)

11.【コラム】恋愛・パートナー(5件)

12.【コラム】家族・母娘関係(1件)

13.【コラム】子育て・ママ友(5件)

14.レイキについて(4件)

16.【コラム】先生・看護師(2件)

17.【コラム】心理セラピー・変化(41件)

18.【コラム】キネシオロジー(8件)

おすすめリンク集(3件)

オススメの本(14件)

無料レポート(2件)

癒しの心理学辞典(26件)

講座・イベントのお知らせ(8件)